HOME > 特集 > 皐月のコイの吹き流し > 第二十五回 「女って、生きているかぎり闘い続けるものなのよ」

第二十五回 「女って、生きているかぎり闘い続けるものなのよ」

10月8日が初日の
「ドラマリーディング 血の婚礼」の稽古まっただなか。
ドラマリーディングなので、
台本をもって演技をするため、
台詞を覚える必要はない。
本格的な舞台セットを組んだり、
小道具を使ったり、
ばっちり衣裳に身を包むこともない。
ふつうのお芝居と違い、
複雑な動きの段取りもない。

え?じゃあ、楽勝じゃん。簡単じゃん。
てか、それ手抜きなんじゃないの?
そんな、立ち稽古みたいなもん、
お金とって見せるわけ?

そんなふうに思われる方も多いかも知れない。

いやいや、ドラマリーディングには
べつのハードルがある。
リアルな舞台セットや小道具や衣裳がないため、
役者の台詞のことばの力だけで、
観客に多くのことをイメージしてもらわないといけない。
台詞が本来持つ、ことばの力を
観客に充分に堪能していただく…
それがドラマリーディングならではの
醍醐味だと思っている。

今回は、バックにオリジナル楽曲を
ピアノの生演奏でつけるし、
照明もかなり凝ったプランになりそうだ。
リアルなセットは組まないものの、
象徴的な舞台美術を組むことにもなっている。
それらは、芝居において額縁のようなものだと思う。

額縁がしょぼいと、
せっかくの作品もしょぼく見えてしまう。
私の所属する演劇ユニット K-CATでは、
その額縁はいつもとても素晴らしい。
額縁に助けられてきたところが大きい。

しかし、額縁ばかり立派で、
肝心の作品がしょぼいと、
これはとてもみっともないことになる。
そうならないように、必死である。

血の婚礼は、19世紀はじめのスペインの旧家の話し。
実話をもとに書かれた戯曲。
婚礼の日に、元カレと逃げちゃう花嫁。
元カレには奥さんと子どももいる
しかも、奥さん二人目を妊娠中。
さぁ、残された者たちは…という内容。
書かれている台詞は、
重厚で詩的なのだが、
内容は現代にも通じる普遍的なものだ。

私は、花嫁に逃げられちゃう花婿の母親役。
夫も、長男も殺されたという
悲惨な過去をひきずりながら、
女手ひとつで家を守り、
残された次男坊の花婿を溺愛している母親だ。
メインは、花嫁と元カレと花婿なのだが、
母親は登場シーンも多く、
台詞も多い。

しかも、冒頭とラストシーンで
いっぱい喋っている。

自分が芝居を観るとき、
冒頭10分で、だいたいの感じをつかむ。
そこに引きこまれなかったら、
「ああ、これダメかもなぁ」と思ってしまう。
演出家も、毎回とても丁寧に
冒頭のシーンを創る。
先日の稽古でも、数行ごとに細かいダメだしをもらった。

シリアスな役が苦手だ。
K-CATのこれまで8回の公演のなかで、
シリアスな役を演じたのは、2度だけ。
若い頃の過ちで産んだ子どもを
遠く離れた他人に預けている芸者と、
お堅いミッションスクールの女教頭。

どちらも、大変苦労した。

それ以外は、シリアスの対極にある役ばかり。
陽気な未亡人、おしゃべりな女中、頭の弱い道化、
腹黒い後妻、でしゃばりな仙女。
そのうち、道化と後妻と仙女は、
出落ちか!とつっこれるような
(実際つっこまれた)
派手な衣裳に助けられた。
こういう役は、楽しくて面白くておいしい。

さて、今回はどうしよう。
いろいろ頭を悩ませているところである。
こういうときは、
劇中で好きな台詞を見つけて、
そこへむかっていくことにしている。

「女って、生きている限り闘い続けるものなのよ」

この台詞がしっくりくる女性像を
創っていけばいいのかもしれない。

いま、闘いのまっただなか。

皆さま、どうか
ご来場くださいませ。

「血の婚礼」
金沢市民芸術村 pit2 ドラマ工房
10月8日(土)14時~・19時
10月9日(日)14時~・19時
10月10日(祝)11時~
チケット 一般 千円
     高校生以下 500円

チケットのお求めは
金沢市民芸術村事務所 または K-CATホームページ
または、私までメッセージくださいませ!

- Profile -

東 千絵

東 千絵 (ひがし ちえ)

「プロダクション・アーニング」代表。CM・番組ナレーション、イベント出演、司会、映画・ドラマの方言指導などを手がけるかたわら、地元の演劇集団K-CATに所属。
電子書籍「そうだったのか、日本食」など、ライターとしても活躍の場を広げている。

バックナンバー

10月1日 第三十七回 「またね!」
9月1日 第三十六回 「苦手は、悪知恵で乗りきった」
8月1日 第三十五回 「命の終わらせ方」
7月1日 第三十四回 「お酒と私」
6月1日 第三十三回 「千里の道も一歩から」
5月1日 第三十二回 「女ごころの最後の悪あがき」
4月1日 第三十一回 「ドラマオーディション体験記」
3月1日 第三十回 「逃げ道が見つからないので、きんかんの甘露煮」
2月1日 第二十九回 「そのドアを開けてはいけない」
1月1日 第二十八回 「正月支度」
12月3日 第二十七回 「劇処 シャッフルステージ」
11月1日 第二十六回 「乗っかりそびれたハロウィン」
10月4日 第二十五回 「女って、生きているかぎり闘い続けるものなのよ」
9月3日 第二十四回 手塩にかけたナレーターたちのデビュー
8月1日 第二十三回 大人、大人、言いすぎじゃないの?
7月5日 第二十二回 靴が見つからない
6月8日 第二十一回 地獄の抑止力
5月3日 第二十回 最後まで笑顔
4月3日 第十九回 桜を見ずに逝った人
3月1日 第十八回 うるう年の薔薇
2月1日 第十七回 奥手な女子の初バレンタイン
1月2日 第十六回 愛しの近江町市場
12月1日 第十五回 どのツラさげて
11月1日 第十四回 結婚式の思い出
10月1日 第十三回 輝きの秘密は、言わぬが華
9月1日 第十二回 魔女と仙女と魔法使い
8月1日 第十一回 去っていった古女房
7月1日 第十回 恥ずかしかった誕生日の夜
6月1日 第九回 撮影裏ばなし
5月1日 第八回 歌うシンデレラと、歌えない仙女
4月1日 第七回 台湾、満喫、満足、満腹の旅
3月1日 第六回 熟年サラリーマンのプラトニックラブ
2月1日 第五回 報われないけど、やり甲斐のある仕事
1月1日 第四回 泣きたいときは泣いてもいいのか
12月2日 第三回 持てあました、夢見る権利
10月30日 第二回 煙草とトワレ
10月1日 第一回 ヒロインはいつもリカちゃん